四面楚歌 現代 語 訳。 『源氏物語』の“葵”の現代語訳:9

現代 訳 四面楚歌 語

😃 無名の僧とは言っても、相当の教養はあるわけで、でなければ今日に至るまで多くの読者をひきつけることはなかったであろう。 この上は念仏を捨てようと、親鸞に同心して、念仏を 信じたてまつろうとも、おのおのがたの、勝手になさるがよかろう、と聖人は仰せになりました。 左右皆泣、莫能仰視。

17
現代 訳 四面楚歌 語

👌 楽天AD [古文・原文] 「御手は、なほここらの人のなかにすぐれたりかし」と 見たまひつつ、「 いかにぞやもある世かな。

5
現代 訳 四面楚歌 語

👐 いつも項王はこの馬に乗っていた。

1
現代 訳 四面楚歌 語

✍ 宮中には、帝のご寵愛を一身に受ける姫(更衣)がおりました。

16
現代 訳 四面楚歌 語

❤ 項王は幾筋もの涙を流した。

7
現代 訳 四面楚歌 語

🤜 ですから、この世で阿弥陀仏の本願に救い摂られたならば、往生の一段においては、一切の善は無用となります。 重ねて念を押しますが、あってはならないことなのです。 手なれし具足なども、心もなくてかはらず久しき、いと悲し。

1
現代 訳 四面楚歌 語

🖕 いつも寵愛(ちょうあい)されて一緒にいた。 漢軍及諸侯兵、囲数重。

12